株式会社テクニカルサービス

記事一覧

活版TOKYO   ※夏季休暇のお知らせ

平素は格別のお引き立てを戴き、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら弊社夏季休業を下記の通りとさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

2018年8月13日(月)~8月16日(木)

休み期間中のお問合せに関しては下記のメールアドレスにてお願いいたします。
※ご返信は17日(金)より、順次行います。

期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

IGASに続き翌日は
活版TOKYOに足を運びました
私は活版WESTには行けなかったため楽しみにしていました

-活版TOKYOについて-
活版TOKYOとは、活版印刷という昔ながらの、そして最近あまり見なくなった技術に再び光を当て、活版印刷の魅力を様々な世代の人達に知って欲しいという思いから、2015年より始まったイベントです。
印刷に関わる作り手と、印刷や紙に興味のある方が直接出会い、 より身近に活版印刷の魅力を感じ触れていただく場として、 またこれからの活版の在り方を様々な形で発信していくイベントです。(http://kappan.tokyo/about/ 様より引用)

初めてお目にかかりましたが
プラテンを使ってらっしゃるところは少なく
テキン(手フート)やそれよりも小さいもので印刷していて
活版の色合いや手作り感がでていてデザイナーの方がこだわった作品で刺激をいただきました。
活版を愛している方はまだたくさんいらっしゃるのでこれからも
我々としては発信していき、プラテンの良さにも気づいていただくよう努めていきます。

株式会社テクニカルサービス
山本 啓介
tel:072-985-0521 mail:info@technical-s.co.jp

IGAS 2018 International Graphic Arts Show

週末は台風の影響で雨風がひどいですが展示会を訪問した際は
金曜日でしたので天気が悪いだけでしたが
皆様いかがでしょうか、どうかご自愛ください。
週明け昨日より台風の後という影響ですっかり天気もよくなり
猛暑日が続きますので水分補給、適度な休憩を弊社でも心がけています。

先週末から本日まで行われている
IGAS 2018 (International Graphic Arts Show)に参りました。
前回の来場者数と同じくらいだと予想されます。
デジタル印刷はもちろんのこと
レーザーでの加工や断裁などといったものの最新機器がありました。やはりどの方もおっしゃっていた「小ロット多品種」
これが大きなテーマになっているように感じました
どのような付加価値があるかを期待している方が多く
そこに機械を通してお客様に満足いただけるかを出展している方々は着目してらっしゃいました。


ハイデル製品から学べる故きを温ねて新しきを知ると共に
こういった展示会では新しい技術や知識を得ることにより
お客様にとってより良いワークを提供できるよう心掛けていきます。

株式会社テクニカルサービス
山本 啓介
tel:072-985-0521 mail:info@technical-s.co.jp

お盆休みのお知らせとホームページの更新について

平素は格別のお引き立てを戴き、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら弊社夏季休業を下記の通りとさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

2018年8月13日(月)~8月16日(木)

休み期間中のお問合せに関しては下記のメールアドレスにてお願いいたします。
※ご返信は17日(金)より、順次行います。

期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。


猛暑が続いております。
30年ほど前の同じ7月で30度超える日が数えるほどだったのに対し
今では30度超えて当たり前。40度超える地域もでており常にお風呂に入っているような状態でしょうか
熱中症で倒れる方も多いので水分補給や塩分をしっかりとるよう社内でも気を付けております。

ところで、ホームページについてですが
社長の写真をようやく変更しました。
お客様から「いつまでも会長のままですね」と声をきいており
我々も編集中のままでしたが、変更完了致しました。
リニューアルについてはもう少しお待ちくださいませ。

先日は活版印刷についてお客様とお話しさせていただいたところ
やはりデザイナーの方は
「どのように印刷されて、工程がいくつありどのような機械かを知らない」という問題があるようなので
我々の機械の認知度をもっと知っていただきたいと感じました。
ですのでInstagramやTwitter、Facebookを利用し幅広い方に知っていただきたく日々努力すべきだと感じました。


株式会社テクニカルサービス
山本 啓介
tel:072-985-0521 mail:info@technical-s.co.jp

豪雨にお気を付けください。

このところブログ更新していませんでした
来週からは毎週更新していきますので、ぜひご覧ください

さて、本日は快晴ですが
週末は豪雨により警報や避難勧告がでている
地域が多数見受けられました
皆様の地域はいかがでしょうか
今弊社でもできる限りのお電話差し上げているところですが
全ての方に連絡ができているか把握できていない状況です
もしお体に何かあった場合や機械や工場に何か不具合が出た場合
ご連絡下さい
何か力になれることがあれば協力させていただきます。
大阪でも地震がありこのところ天災が増えております。

一日も早い復旧をお祈りしています。
どうか、健康にだけは気をつけて頑張って下さい。
心よりお見舞いを申し上げます。


話は変わって近頃弊社でも工場内設備を一括していかがでしょうか
と提案させていただいており。以前にお客様から依頼いただきお見積りしたところ
「いつも頼んでいるところより安い」とご意見いただき着工させていただきました。
施工後は「丁寧にありがとう!」とお喜びの声もいただきました。
弊社でもプロの協力会社で金額もおそらく場所によっては他の企業より半額で出来ることもあります。
是非一度工場移設や改装、新設などの際はご相談ください!


株式会社テクニカルサービス
山本 啓介
tel:072-985-0521 mail:info@technical-s.co.jp

地震緊急速報

今朝震源地大阪で震度6弱という記録的な地震がありました。
時間自体は短いのですが直下型の大きい地震で
関西圏のお客様のお体や機械や工場の状態
何もなければと感じます

ですが、東日本大震災の時のような地震はこの後きていたため
まだ油断はできません。いまいちど避難経路の確認や
避難場所、貴重品管理をしっかり行うよう弊社でも
促しております。

朝一番からお電話にて「そっちは大丈夫?」というお電話いただきありがとうございます。
弊社は小物が少しだけ倒れていたりする程度で
大きい被害は特にございません。

本日大変電話がつながりにくくなっております。
会社に連絡つかなければ私の電話番号
080-4823-0095までご連絡ください。

株式会社テクニカルサービス
山本 啓介
tel:072-985-0521 mail:info@technical-s.co.jp

機械の取り扱いについて

梅雨入りということでしょうか
本日は梅雨があけたかのような暑さですね

今回は弊社での機械の取り扱いについて
お客様から長年ご愛用いただいたプラテンやシリンダー
といった機械をお預かりして、オーバーホールさせていただきます。

その際は弊社での査定を行い
それに伴い各所部品を見積もった上で確認いただき作業を行います。

必ずここは変えておいた方がいいという場所については
当初の打合せに内容として組み込ませていただきますが
後に出てくる破損部品については提案をさせていただきます。

そちらを交換することにより機械がスムーズに動くようになりワークが捗り
より長くご愛用いただけるように仕上げさせていただきます。


目に見えないところに機械の負担はかかっています。
「調子が悪い」となると仕事を止めないといけません
そうなる前にぜひ弊社に一度ご連絡下さい。

おまちしております。


株式会社テクニカルサービス
山本 啓介
tel:072-985-0521 mail:info@technical-s.co.jp

ページ移動