株式会社テクニカルサービス

記事一覧

機械の搬出

日中と夜間の寒暖差がありますが皆様
どうぞお体に気をつけてお過ごしください。
テクニカルサービスの山本 啓介です。




先日は機械の搬出に立ち合いに行きました。
部品を外して機械1台分と両側わずか1cm
という隙間でギリギリを通すというもので
これは本当に通るのだろうか?と最初は感じました。

ファイル 448-1.jpg

こちらの機械は弊社が何年も前に搬入したもので
部品を外して搬入し、それでも難しいので
お客様のご希望で「壁を削ってかまわない」
と要望があり壁を削り搬入しました。


搬出時途中まで進めていると突起部だけを通すような
隙間がありまるで「イライラ棒」を思い出させるような
光景でした。しかしその隙間には通りませんでした。

その原因は当時と機械の移動させる器具が違うために
隙間に通らず、新しく削ることになりました。
その結果、写真のように針の穴を通すような搬出でした。
ファイル 448-2.png


このような搬入経路でも細心の注意をしています。
搬出時はどこの壁にも当たらないように無事搬出することができました。
予想とは違い一筋縄ではいかない作業でしたが
無事に搬出できホッとしました。
次回もこのような現場でもしっかり対応できるよう心掛けていきます。