株式会社テクニカルサービス

記事一覧

面白い活版印刷

京都でも氷点下近くまで下がってると伺いました
本当に冷え込みます冬将軍が押し寄せてきていますね

今回は少し面白いものを見つけました
ファイル 491-1.jpg

このようなテキンのような小さい活版印刷です
実際に使用はまだしていないのですが
インスタグラム(@technicalservice)に
稼働動画を載せておりますので
是非フォローお待ちしております。
写真や一言を添えて更新しておりますので
ブログだけではなく
そちらも楽しんでいただけることでしょう
こういった新しい発見も随時紹介していきますので
是非お楽しみに

株式会社テクニカルサービス
山本 啓介
tel:072-985-0521 mail:info@technical-s.co.jp

師走の訪れ


すっかり寒くなり年の瀬ということでしょうか
師走が訪れてきました。ところで「師走」とは
「12月のこと」という認識しかありませんが一体
どういった意味があるのでしょうか


師走とはもともと旧暦の12月を指す言葉で、
具体的には12月下旬から2月上旬ごろを指す言葉になります。
師走という言葉にはいくつかの説があり
正確にはわかっていないようです。
今回は面白い意味があったので紹介したいと思います。


「師が走る」説とは師が走る季節だからということなのですが、
この「師」が誰なのかによってまたいくつかの説に別れます。

・ 師=御師
御師とはお寺や神社などへ参拝しに来る
人々の案内や参拝などをする人のことを指す言葉であり
12月は大晦日や初詣などがあり御師が一番忙しい時期なため、
師(御師)が走りまわるという意味で師走というのがこの説になります。

・師=お坊さん
年末になるとお坊さんが家に来てお経をあげるという習慣が日本にはあります。
都会の方ではなかなか見かけない習慣かもしれませんが
地方の方などへ行く現在でもよく見かけます。
ですので12月になるとお坊さんがとても忙しくなり、
そこから来ているのではないかというのがこの説になります。

・師=先生
先生とは学校の先生のことを指します。
12月は日頃落ち着いている学校の先生も忙しく走り回る月だというところからきた説です。
現在でも年末は学校の先生にとってはテストの作成・採点、行事や生活指導などとてもいそがしい月であるようで、
昔も今も学校の先生たちは同じようなサイクルで1年を過ごしていたのかもしれませんね。
(http://torendo.org/siwasu-1319様より引用)


普段使い慣れた言葉をふと調べてみると新しい発見が
あるもので、印刷や活版も同じだと思います。
いつも目にしているものでも視点を変えてみたりすると
新しい"何か"が待っているのかもしれないです。

株式会社テクニカルサービス
山本 啓介
tel:072-985-0521 mail:info@technical-s.co.jp

流行の先端に立った高品質スーパーコピーブランド2018信用新品店

弊社は流行の先端に立

NOOB工場直販のスーパーコピー時計通販です

NOOB工場直販のスーパーコピー時計通販です。弊店の最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。2019新年キャンペーン!10%OFF!日本人担当 齋藤 進一。
スーパーコピー時計、偽物ブランドコピー代引き国内発送通販激安店!当店のブランドコピー時計商品は、クオリティが 高く、品質保証も2年です。

ブランドコピー激安、スーパーコピーブランド通販安全後払い専門店

ページ移動